タグ:デイリーポータルZ ( 55 ) タグの人気記事
愛しのリサイクル本コーナー
図書館のリサイクル本コーナーが好きです。
図書館のリサイクル本コーナーが活発に機能しているのは、良い町の一つの条件だと思っています。
重い本を1円の得にもならないのに、持って来る人が常に一定数いると云うのは、知的にも人間的にも好ましい環境と言えるでしょう。
それにリサイクル本コーナーは、図書館や書店の本のように、きちんと分類されていません。色んな人が思い思いに持って来て、無造作に並べられていくので、意図的には絶対目にしないし、手にとらないだろう本と、思いがけなく出会えたりするのが、スリリングだったりします。
と、文章で書いてみても、いまいちピンと来ないかと思いますので、具体的な例をお見せしたいと思います。
幸いなことに、私の住んでいる町の図書館のリサイクル本コーナーは、かなり充実しているのです。
ただ、その充実ぶりゆえに、全部を紹介すると、大変な事になってしまいますので、コーナーの極一部をだいたい1日おきくらいに、約20日間観察し続けて、その変化具合から、充実したリサイクル本コーナーの魅力を感じていただければ幸いです。
d0138170_18321436.jpg

◆6月27日
d0138170_183368.jpg

はだしのゲン6・7巻も気になるところですが、ここで出会わなかったら一生手にしないだろう、「仲人・司会者のすべて」なんて本に出会ってしまうところが、リサイクル本コーナーの醍醐味でしょう。

◆6月30日
d0138170_18383921.jpg

ピアノもドイツ語も、できたら素敵だろうとは思います。これ持って帰ったらできるようになったりして・・とか妄想するのも楽しいです。

◆7月2日
d0138170_1842662.jpg

いきなりマンガコーナーになってるのも、充実しているリサイクル本コーナーでは、普通の事です。この図書館では、警備のおじさんが、たまに本棚の整理をしてくれています。整理と言っても、殆ど本の大きさだけで分類するので、本の内容はバラバラですが。今回は、マンガと云うわかりやすいカテゴリだったので、内容による整理が行われたようです。ちなみにリサイクル本コーナーでのマンガの人気は高いので、読みたいと思ったら、その場で手に入れないと、すぐになくなってしまいます。まさに一期一会。
そして、1冊だけ異彩をはなつ、3時間で自転車に乗れるようになる本!!

◆7月4日
d0138170_18484127.jpg

ご覧のとおり、マンガは姿を消して、いきなり岩波文庫。題名は知ってるけど、読んだことない本とか、ちゃんと読んでみようかなって気になったりしませんか?

◆7月7日
d0138170_18512565.jpg

このカオス状態が、たまりません。ちなみに背に図書館の整理番号が貼ってある本は、除籍処理された(図書館で不要となった)本です。

◆7月12日
d0138170_18573567.jpg

子供に囲まれた松本清張もさることながら、「GOLF嫌いはこれを読め」の共著者に島耕作の弘兼憲史の名前があるのに注目ですね。こんな仕事もしてるんですねぇ。

◆7月15日
d0138170_1945258.jpg

中国地方への旅に誘われています。いいなぁ・・出雲・隠岐・・。

◆7月17日
d0138170_1971988.jpg

今回のメインはなんと言っても「やさしい模型飛行機ガイド」でしょう。子供の頃につくって、全然飛ばなかった模型飛行機を思いだしました。持って帰ってリベンジしようかと、ちょっと考えましたが、大きい本だったので、その場では持ち帰らないで、帰る時に残っていたら貰っていこうと思っていたら、誰かが先に貰っていってしまいました。一期一会を逃しました。
で、結局持って帰ったのは、別の場所にあったこの本。↓
d0138170_19105765.jpg

推理小説じゃないアガサ・クリスティの本ってどうなの?って前から思ってたので、ありがたかったです。読んだら、そうとう恐いって言うか、救いがないって言うか、クリスティって容赦ないなって思いました。

いかがでしょうか?充実したリサイクル本コーナーの魅力の一端でも分かってもらえたら本望です。
デイリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2009-07-20 00:01 | 日記 | Comments(2)
都内で鎌倉散歩
鎌倉散歩。そう聞いただけで、なんだか心豊かになりそうです。ギスギスした日常をしばし忘れて、古都を巡る・・・なんてステキ♪
でも、現実はそんな余裕がない。憧れはつのるばかり。
しかし、実は、神奈川まで行かなくとも東京都内で鎌倉散歩ができるのです。
では、いざ葛飾区鎌倉へ!
そう、今回は葛飾区に鎌倉という地名があるというだけが頼りの一点突破企画です。
d0138170_1712362.jpg

どうです、この趣のある町内掲示板。歴史を感じさせるではありませんか。
線路沿いで石仏も見守っています。走ってる電車は江ノ電ではなく京成線ですが。
d0138170_17155240.jpg

まずは、鎌倉のメインストリートを見てみましょう。
d0138170_1719778.jpg

鎌倉本通り商店街は、柴又街道にある鎌倉最大の商店街(じゃないかなと名前から勝手に判断したもの)です。隠れた銘店があるに違いないです。
さっそく目についたのは、玉子専門店。
d0138170_17252513.jpg

店先には、普通の玉子以外に、卵焼きや金色に輝く燻製玉子も。
d0138170_17271077.jpg

さらに、柴又でしか買えないと思われていた「矢切の渡しもなか」や「寅さんもなか」が買えてしまう和菓子店。
d0138170_17285296.jpg

d0138170_1729938.jpg

そう、ここ鎌倉は、実はメジャーな観光地である葛飾柴又と隣接しているのです。じゃあ、ちょっと足を伸ばして柴又見物でもとか、そういう事は許しません。今回は鎌倉散歩なのですから。
では、隠れた銘店巡りはこのくらいにして(隠れかたが上手で、他は見つからなかったし)、鎌倉と言えば絶対はずせない観光スポットを紹介しましょう。
その名は「鎌倉野草園」
d0138170_1735991.jpg

薔薇とかハーブとか、そんなコジャレた風潮を一喝する野草という響き。素晴らしいです。
入園は無料ですが、開園日が変則的なので、注意が必要です。
d0138170_17393137.jpg

植物の名札の手書き感もステキです。(木は野草なのかとか、細かいことは考えなくていいです。)
緑のトンネルを通っていくと、
d0138170_17423771.jpg

休憩所には葡萄棚もあります。
d0138170_17414384.jpg

カメもいます。
d0138170_17434627.jpg

トンボもいます。
d0138170_17441810.jpg

橋のたもとには、ネコもいます。
d0138170_17445762.jpg

しかも、さわれるネコです。
d0138170_17454828.jpg

注1)ネコやトンボは常にいるわけではありません。
注2)画像ではけっこう広く感じるかもしれませんが、走るとたぶん1〜2分で全部回れます。なので、園内で絶対に走ったりしないで下さい。

さて、最後に(え、もう最後とか言わない)、鎌倉の最終兵器を・・。
「にがおえコインランドリー」
あ、聞いたことある、と思った方もいらっしゃるかと思いますが、たぶん、それは違います。
確かに「にがおえコインランドリー」は、いくつかのメディアに紹介されましたが、その殆どが柴又にある「にがおえコインランドリー」なのです。
しかし、柴又ではなく、これは鎌倉にある「にがおえコインランドリー」なのです。
d0138170_1837317.jpg

d0138170_18372614.jpg

ところ狭しと貼られた似顔絵。これは、柴又のものと同様です。
だから、ああ、鎌倉にもあったんだ、くらいに思った方、甘い!!
鎌倉には、更にもう1軒あるのです。
d0138170_18394367.jpg

d0138170_18401162.jpg

観光地柴又にさえ1軒しかない「にがおえコインランドリー」が2軒ある鎌倉。
梅雨の晴れ間、あなたも鎌倉散歩を楽しんでいただければと思います。
なお、次回は日本三景の1つ松島に行けないから、江戸川区松島に絶景を求める旅が予定されているとか、いないとか・・。

デイリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2009-06-30 00:03 | 大ネタ | Comments(2)
日比谷公園・オブジェの旅 sanpo
日比谷公園は緑も多いし、大きな花壇や噴水もあって、更に過剰なくらいベンチが設置されているので、天気の良いお昼休みなどに、お弁当を食べるには最適な空間です。
しかし、そうした癒し空間とは全く別の面があるのです。それは、公園にあるオブジェを見ていく事で明らかになっていきます。
それでは、早速、日比谷公園・オブジェの旅に出発いたしましょう。

先ずは、廃虚っぽくなってしまった水飲み場
d0138170_18351845.jpg

嘘つきがうっかり指を突っ込むと抜けなくなりそうです。
そして、水飲み場と言えば、こんなものも。
馬の水飲み
d0138170_18373154.jpg

ちゃんと解説板もあり、そこそこ貴重なものっぽいのに、風雨に思う存分さらされてる感が・・。
そして、これとは別に、もう1つ保存状態の良いものもありました。
d0138170_18421024.jpg

てっぺんの部分が、ウーパールーパーみたいで、かわいいです。
d0138170_18433580.jpg

さて、このへんは、もともと公園にあった物ですが、注目すべきは、公園完成後にポツリポツリと設置されていったであろうオブジェたちです。

京橋の欄干柱
d0138170_19185240.jpg

古いものには違いないですが、何故これだけ残ったのか?

恐いキリンの像
d0138170_1847850.jpg

ドラッグを超越したジャック・ハンマーを彷彿とさせます。

オオカミの乳を吸う双子の赤ん坊
d0138170_18483076.jpg

ちゃんと解説もあるのですが、それが何故日比谷公園にあるのかが不明です。

謎の古代文字
d0138170_18504979.jpg

これも解説がありますが、何が書いてあるのかは、一切分かりません。そして、これも何故日比谷公園あるのかが不明です。

どうでしょう?そろそろ気付かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私の推測は「もしかして、貰っちゃたけど、どこに置いたらいいのか分かんないものを、とりあえず置いちゃったんじゃないのか、日比谷公園広いし」です。
この推測を、更に強固にする物件をお見せしましょう。

ヤップ島の石貨
d0138170_19223861.jpg

d0138170_19225772.jpg

大正時代の1000円と言えば、けっこうなお値段だと思うのですが、特に台にのせるわけでもなく、無造作に置かれているのが、とりあえず感をかもしだしていると思います。

そして、この石
d0138170_19263616.jpg

南極の石です。
d0138170_19274210.jpg

地球の南の果てから、わざわざ運んできたのに、歩道脇にゴロリと置かれている、このやる気の無さ。

日比谷公園は、行き場の無いオブジェ最後の安住の地なのでしょう。

そして最後に余談ですが、そんな日比谷公園は当然公共の場なので、してはいけない事があります。
最初に紹介した廃虚っぽいものとは別に、ちゃんとした水飲み場はもちろんあります。
そこに、長い注意書きが。
d0138170_193341.jpg

d0138170_19354861.jpg

みんなも、ギンナンは家で処理しましょう。わたしもそうします。

デイリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2009-06-16 00:04 | 大ネタ | Comments(2)
花菖蒲の「名前」観賞
近所の小岩菖蒲園に行ったのですが、まだ花は3割くらいしか咲いていませんでした。見ごろは6月10日前後らしいです。
で、花は楽しめなかったのですが、違うものが楽しめましたので、紹介したいと思います。
それは花菖蒲の名前。
小岩菖蒲園では、基本花のそばに、その花の名前がこんな感じで掲示してあります。
d0138170_1792036.jpg

だいたい想像がつくと思いますが、いかにも花菖蒲っぽい名前が並んでいます。
例えばこんな感じ。↓
d0138170_17111565.jpg

しかし、中には「えっ?これは・・」と云うのもあるわけで。
先ずは、地名シリーズ
d0138170_17131594.jpg

たぶん、地名そのものとは関係なく、イメージで付けてるっぽいですね。

そして、花菖蒲なのに別の植物の名前にされちゃったシリーズ
d0138170_17291288.jpg

まぁ、日本人は桜好きだけど・・。
d0138170_17295824.jpg

まぁ、日本人は紅葉も好きだけど・・。

続いて、助っ人外国人
d0138170_17313397.jpg

ロックバンドっぽい。

最後に、独自系を2点
d0138170_17333838.jpg

なぜB?甲乙とかじゃいけなかったのか?
寛政-Aが無かったのが気になるし。
寛政-Cもあるのでしょうか?Dは?Eは?
実はKまで作って、これが本当の寛政-K(完成形)とか・・。

d0138170_17343230.jpg

うっかり顔を近づけると、鋭い爪でガッ!!!

と、看板ばっかり見せられてもアレなので、ちゃんとした花の画像も2点ほど。
d0138170_17443712.jpg

d0138170_17445779.jpg

ちなみに、このあたりはムジナモ発見の地です。
d0138170_174619.jpg


※参考URL小岩菖蒲園

デイリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2009-06-01 00:03 | 大ネタ | Comments(2)
歩行者用信号のLEDの数
最近増えた発光ダイオード(LED)の歩行者用信号ですが、ふと、これって幾つあるんだろうと思って数えてみました。
d0138170_9424351.jpg

結果は・・・
d0138170_9442941.jpg

赤も青も105個でした。
はい、そこの人、だからどうしたみたいな顔しないように。

デイリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2008-09-17 14:45 | 街歩き | Comments(2)