カテゴリ:大ネタ( 52 )
ちょっと立石に行ってみました。【その1】
ほぼ毎日チェックするサイトのひとつディリーポータルZちょっと見てきてという企画をやっています。簡単に言うと、何か見たいものがあるけれど、遠くて見に行けない人にかわって、何かを見にいって報告してあげるというものです。
依頼はたくさんあり、すぐに報告があるものもあれば、なかなか見てきてもらえないものもあります。
今回は、その「見てきて 」のひとつを引き受けてみる事にしました。
勝手に引き受けた依頼内容は「祖父母宅(母の生家)だった場所
この依頼を選んだのには二つの理由があります。ひとつは見てくる場所である葛飾区立石が家から近い(電車で150円)ので、「ちょっと見て」来るという主旨に合っている事。もうひとつは、前から立石で気になっている事があったからです。それが何なのかは、第二部の初めに詳しく説明したいと思います。
と言うことで、今回は先ず依頼の見も知らぬ人の「祖父母宅(母の生家)だった場所」を訪ね、その後、個人的に前から立石で気になっていた件を片づけるという二部構成になっています。
なお、第一部の「祖父母宅(母の生家)だった場所」は、なるべく依頼主の希望に沿うかたちで画像を撮りましたので、関係の無い人には、ただの風景写真っぽいものが多いですが、一応、私は依頼主の気持ちで、懐かしがりながら撮ってみましたので、みなさんも懐かしがっていただければ幸いです。

◆第一部=知らない人の「祖父母宅(母の生家)だった場所」に行く。
と言うわけで、立石に着きました。
d0138170_16435031.jpg

立石駅は何百回も通過しながら、1度も降りたことのない駅です。そんな駅がいくつもあります。今回楽しかったら、別の駅でも降りてみたいと思います。
とりあえず、駅前。
d0138170_16465881.jpg

各駅しか止まらない駅にしては、にぎやかな商店街で、特に仲見世の方はおいしそうな匂いもしてて、魅力的でした。
さて、さっそくですが目的の場所の画像から。
住所表示板で、間違いないか確認。
d0138170_1842840.jpg

ここで間違いないようです。

続きを読む
[PR]
by shijima-i | 2009-10-23 00:30 | 大ネタ | Comments(7)
ちょっと立石に行ってみました。【おまけ】
立石での、わたし的な収穫です。
d0138170_20394774.jpg

一見、ありがちな無断で描いちゃいました壁画ですが、ネズミ君の左下に何やら文字が。
d0138170_20422441.jpg

まさかのコピーライト表示。いや、書けば良いってもんじゃないですが、正式にライセンス取ってないとは断言できませんし・・。
と言うことは、その他のネコ君たちの脇に何か書いてあるのも、同じような・・?
d0138170_20451459.jpg

えっ、ときえちゃん?
d0138170_20455913.jpg

け、けんたくん??
d0138170_20464263.jpg

ゆ、ゆうきくん???
d0138170_20471587.jpg

か、かづとくん????
ふ〜ん、そ、そうなんだ・・・。
まぁ、鼻じゃなくて口だって言いはれば何とか・・・。

ディリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2009-10-23 00:01 | 大ネタ | Comments(2)
銀座のひとつ上を行く koneta
先ず、銀座はスゴイ所だ、そう断言しておこう。そうしないと何もはじまらないからだ。
最近はやれ東京ミッドタウンだとかお台場だとか浮かれているが、やはり銀座にはかなわないだろう。
なにしろ○○銀座は全国各地にあるが、○○六本木や○○お台場なんて、どこにも無い。
だいたい、六本木なんて、もとは六本の木がはえてた程度の土地なんだろうし、お台場なんてもとは海だ。
その点銀座は銀の座だ。木だの埋め立て地だの、足元にも及ばない。
そして、今回は、そんなスゴイ銀座の更にひとつ上を行く場所を都内に発見したのだ!それは・・
d0138170_201428100.jpg

金座
地図で見ると、地下鉄の人形町駅の真上あたりらしい。
実は、このあたりは、前に勤めていた会社に近く、何度も通った事がある。でも、そこが金座だなんて、まったく知らなかった。知らないと云うのは恐ろしいもので、金座を全然エンジョイしなかった。これは、いかにも残念な話だ。
と云うわけで、銀ブラ(死語?)ならぬ、金ブラ(下ネタ?)をしてきた。
d0138170_20215632.jpg

さすが金座。プレートの文字も金色に輝いているではないか。
そして、これが金座通りの全景だ。
d0138170_20231890.jpg

けっこう広い通りなので、きっと銀座の何倍もスゴイものが、待受けているに違いない。
d0138170_2025531.jpg

いきなり、京樽総本店だ。さすが金座だ。本店の前に総が付く。
そして、クマヒラだ。ショーウインドの中に、自動改札っぽいものが展示されている。なかなかシュールだ。
d0138170_20325149.jpg

調べてみると、クマヒラはセキュリティシステム全般を扱う会社で、これは自動改札じゃなくセキュリティゲートと云うものらしい。

と、ここまで無理矢理テンションを上げて書いてきたが、実はもう限界(早っ)。
金座は、金座通りと云う、道の名前だけに残っていて、地名ではない。地名で言えば人形町とか日本橋とかで、全然金座っぽくないのだ。しかも、ビジネス街なので、ここにある会社に用のある人以外、あまり来ない。当然、金座まんじゅうも金座ストラップも売っていない。
金座と云う名前だけで、行き当たりばったりに企画するから、こんな事になる。
でも、綿密に計画したら、うまくいって当たり前ではないか。無計画でうまくいく快感とは比べるべくもない。
では、更なる力技で、無計画に金座を楽しんでみたいと思う。

つきあってやろうと云う人はここをクリック
[PR]
by shijima-i | 2009-10-17 00:02 | 大ネタ | Comments(2)
無理矢理七不思議-上野動物園編 koneta
ちょっと前に自然界の「七不思議」、最終候補は死海など14候補にという記事を読んで、そういえば高校の時、ありもしない高校の七不思議をでっちあげて部活の後輩に教えたりしてたのを思いだしました。今でも一つくらいは語り継がれてたらいいなと思います。
で、久しぶりに何かの七不思議を勝手に作ってみたいと思い立ち、上野動物園をターゲットにしました。こういうものは、やはり或る程度ターゲットに関する知識があった方が作りやすいですから。
上野動物園に関しては、私の場合こんなのを持ってるので、まぁ普通のひとより知識があると思います。
d0138170_179242.jpg

上野動物園年間パスポート(2400円)。安い!

では、さっそく上野動物園に!
d0138170_17104923.jpg


不思議その1
池之端門の謎
上野動物園には正門以外に池之端門という小さい出入り口が存在します。
d0138170_17123922.jpg

券売機は2台だけで、本当にこじんまりしているんですが、何が謎って、ものすごく不便な場所にあるって事です。
d0138170_17141978.jpg

d0138170_17143696.jpg

1番近い地下鉄の駅からでも600メートルって、我慢のきかない子供だったらグズりだす距離です。なんで、こんな不便な位置の門が存在するのか?上野動物園には通常の出入り口以外に何ヶ所か業務用の出入り口もあるのですが、そっちを第二の入口にしたほうが、よほど便利なものになると思うのですが・・。いったい誰のための門なのか、池之端門?

不思議その2
白いカラスの謎
上野動物園に白いカラスが展示されているのを知っている人は少ないと思います。白いカラス自体は、アルビノの一種なので驚ほど珍しくはないのですが、それでも来園者の興味をそこそこひくものだと思います。それが知られていない最大の理由は、その展示方法にあります。
これが白いカラスのいるゲージです。
d0138170_1724517.jpg

と言われても分かりにくいですよね。ここです。
d0138170_17255633.jpg

ゲージの正面に立派な木があり、他のケージより数メートル奥にあります。まるで見せたくないみたいです。でもちゃんと詳しい説明板はあるのです。
d0138170_17275799.jpg

カラスの目が赤くみえるのは、とか書いてありますが、裸眼でカラスの目を観察するのは、かなり困難です。
d0138170_17295815.jpg

そうとう頑張ってズームで撮りましたが、晴れた日でも薄暗いケージなので、残念ながら目が・・。
なぜ、これほどまでに白いカラスの観察を上野動物園は拒むのか?謎が謎を呼ぶ白いカラス・・・。

さらなる謎に興味のある方はここをクリックして続きをご覧下さい。
[PR]
by shijima-i | 2009-09-03 00:01 | 大ネタ | Comments(4)
都内で鎌倉散歩
鎌倉散歩。そう聞いただけで、なんだか心豊かになりそうです。ギスギスした日常をしばし忘れて、古都を巡る・・・なんてステキ♪
でも、現実はそんな余裕がない。憧れはつのるばかり。
しかし、実は、神奈川まで行かなくとも東京都内で鎌倉散歩ができるのです。
では、いざ葛飾区鎌倉へ!
そう、今回は葛飾区に鎌倉という地名があるというだけが頼りの一点突破企画です。
d0138170_1712362.jpg

どうです、この趣のある町内掲示板。歴史を感じさせるではありませんか。
線路沿いで石仏も見守っています。走ってる電車は江ノ電ではなく京成線ですが。
d0138170_17155240.jpg

まずは、鎌倉のメインストリートを見てみましょう。
d0138170_1719778.jpg

鎌倉本通り商店街は、柴又街道にある鎌倉最大の商店街(じゃないかなと名前から勝手に判断したもの)です。隠れた銘店があるに違いないです。
さっそく目についたのは、玉子専門店。
d0138170_17252513.jpg

店先には、普通の玉子以外に、卵焼きや金色に輝く燻製玉子も。
d0138170_17271077.jpg

さらに、柴又でしか買えないと思われていた「矢切の渡しもなか」や「寅さんもなか」が買えてしまう和菓子店。
d0138170_17285296.jpg

d0138170_1729938.jpg

そう、ここ鎌倉は、実はメジャーな観光地である葛飾柴又と隣接しているのです。じゃあ、ちょっと足を伸ばして柴又見物でもとか、そういう事は許しません。今回は鎌倉散歩なのですから。
では、隠れた銘店巡りはこのくらいにして(隠れかたが上手で、他は見つからなかったし)、鎌倉と言えば絶対はずせない観光スポットを紹介しましょう。
その名は「鎌倉野草園」
d0138170_1735991.jpg

薔薇とかハーブとか、そんなコジャレた風潮を一喝する野草という響き。素晴らしいです。
入園は無料ですが、開園日が変則的なので、注意が必要です。
d0138170_17393137.jpg

植物の名札の手書き感もステキです。(木は野草なのかとか、細かいことは考えなくていいです。)
緑のトンネルを通っていくと、
d0138170_17423771.jpg

休憩所には葡萄棚もあります。
d0138170_17414384.jpg

カメもいます。
d0138170_17434627.jpg

トンボもいます。
d0138170_17441810.jpg

橋のたもとには、ネコもいます。
d0138170_17445762.jpg

しかも、さわれるネコです。
d0138170_17454828.jpg

注1)ネコやトンボは常にいるわけではありません。
注2)画像ではけっこう広く感じるかもしれませんが、走るとたぶん1〜2分で全部回れます。なので、園内で絶対に走ったりしないで下さい。

さて、最後に(え、もう最後とか言わない)、鎌倉の最終兵器を・・。
「にがおえコインランドリー」
あ、聞いたことある、と思った方もいらっしゃるかと思いますが、たぶん、それは違います。
確かに「にがおえコインランドリー」は、いくつかのメディアに紹介されましたが、その殆どが柴又にある「にがおえコインランドリー」なのです。
しかし、柴又ではなく、これは鎌倉にある「にがおえコインランドリー」なのです。
d0138170_1837317.jpg

d0138170_18372614.jpg

ところ狭しと貼られた似顔絵。これは、柴又のものと同様です。
だから、ああ、鎌倉にもあったんだ、くらいに思った方、甘い!!
鎌倉には、更にもう1軒あるのです。
d0138170_18394367.jpg

d0138170_18401162.jpg

観光地柴又にさえ1軒しかない「にがおえコインランドリー」が2軒ある鎌倉。
梅雨の晴れ間、あなたも鎌倉散歩を楽しんでいただければと思います。
なお、次回は日本三景の1つ松島に行けないから、江戸川区松島に絶景を求める旅が予定されているとか、いないとか・・。

デイリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2009-06-30 00:03 | 大ネタ | Comments(2)
日比谷公園・オブジェの旅 sanpo
日比谷公園は緑も多いし、大きな花壇や噴水もあって、更に過剰なくらいベンチが設置されているので、天気の良いお昼休みなどに、お弁当を食べるには最適な空間です。
しかし、そうした癒し空間とは全く別の面があるのです。それは、公園にあるオブジェを見ていく事で明らかになっていきます。
それでは、早速、日比谷公園・オブジェの旅に出発いたしましょう。

先ずは、廃虚っぽくなってしまった水飲み場
d0138170_18351845.jpg

嘘つきがうっかり指を突っ込むと抜けなくなりそうです。
そして、水飲み場と言えば、こんなものも。
馬の水飲み
d0138170_18373154.jpg

ちゃんと解説板もあり、そこそこ貴重なものっぽいのに、風雨に思う存分さらされてる感が・・。
そして、これとは別に、もう1つ保存状態の良いものもありました。
d0138170_18421024.jpg

てっぺんの部分が、ウーパールーパーみたいで、かわいいです。
d0138170_18433580.jpg

さて、このへんは、もともと公園にあった物ですが、注目すべきは、公園完成後にポツリポツリと設置されていったであろうオブジェたちです。

京橋の欄干柱
d0138170_19185240.jpg

古いものには違いないですが、何故これだけ残ったのか?

恐いキリンの像
d0138170_1847850.jpg

ドラッグを超越したジャック・ハンマーを彷彿とさせます。

オオカミの乳を吸う双子の赤ん坊
d0138170_18483076.jpg

ちゃんと解説もあるのですが、それが何故日比谷公園にあるのかが不明です。

謎の古代文字
d0138170_18504979.jpg

これも解説がありますが、何が書いてあるのかは、一切分かりません。そして、これも何故日比谷公園あるのかが不明です。

どうでしょう?そろそろ気付かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私の推測は「もしかして、貰っちゃたけど、どこに置いたらいいのか分かんないものを、とりあえず置いちゃったんじゃないのか、日比谷公園広いし」です。
この推測を、更に強固にする物件をお見せしましょう。

ヤップ島の石貨
d0138170_19223861.jpg

d0138170_19225772.jpg

大正時代の1000円と言えば、けっこうなお値段だと思うのですが、特に台にのせるわけでもなく、無造作に置かれているのが、とりあえず感をかもしだしていると思います。

そして、この石
d0138170_19263616.jpg

南極の石です。
d0138170_19274210.jpg

地球の南の果てから、わざわざ運んできたのに、歩道脇にゴロリと置かれている、このやる気の無さ。

日比谷公園は、行き場の無いオブジェ最後の安住の地なのでしょう。

そして最後に余談ですが、そんな日比谷公園は当然公共の場なので、してはいけない事があります。
最初に紹介した廃虚っぽいものとは別に、ちゃんとした水飲み場はもちろんあります。
そこに、長い注意書きが。
d0138170_193341.jpg

d0138170_19354861.jpg

みんなも、ギンナンは家で処理しましょう。わたしもそうします。

デイリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2009-06-16 00:04 | 大ネタ | Comments(2)
花菖蒲の「名前」観賞
近所の小岩菖蒲園に行ったのですが、まだ花は3割くらいしか咲いていませんでした。見ごろは6月10日前後らしいです。
で、花は楽しめなかったのですが、違うものが楽しめましたので、紹介したいと思います。
それは花菖蒲の名前。
小岩菖蒲園では、基本花のそばに、その花の名前がこんな感じで掲示してあります。
d0138170_1792036.jpg

だいたい想像がつくと思いますが、いかにも花菖蒲っぽい名前が並んでいます。
例えばこんな感じ。↓
d0138170_17111565.jpg

しかし、中には「えっ?これは・・」と云うのもあるわけで。
先ずは、地名シリーズ
d0138170_17131594.jpg

たぶん、地名そのものとは関係なく、イメージで付けてるっぽいですね。

そして、花菖蒲なのに別の植物の名前にされちゃったシリーズ
d0138170_17291288.jpg

まぁ、日本人は桜好きだけど・・。
d0138170_17295824.jpg

まぁ、日本人は紅葉も好きだけど・・。

続いて、助っ人外国人
d0138170_17313397.jpg

ロックバンドっぽい。

最後に、独自系を2点
d0138170_17333838.jpg

なぜB?甲乙とかじゃいけなかったのか?
寛政-Aが無かったのが気になるし。
寛政-Cもあるのでしょうか?Dは?Eは?
実はKまで作って、これが本当の寛政-K(完成形)とか・・。

d0138170_17343230.jpg

うっかり顔を近づけると、鋭い爪でガッ!!!

と、看板ばっかり見せられてもアレなので、ちゃんとした花の画像も2点ほど。
d0138170_17443712.jpg

d0138170_17445779.jpg

ちなみに、このあたりはムジナモ発見の地です。
d0138170_174619.jpg


※参考URL小岩菖蒲園

デイリーポータルZ
[PR]
by shijima-i | 2009-06-01 00:03 | 大ネタ | Comments(2)
船堀グリーンロードのオブジェがちょっと変だった sanpo
d0138170_1424942.jpg

地下鉄船堀駅前に船堀グリーンロードという散歩道があります。そこのオブジェたちが、ちょっと変でした。
d0138170_145236.jpg

これは、多分うさぎとかめをモチーフにしたもので、こんな言い方は失礼かもしれませんが、まあ、よくあるタイプのものです。ここにあったもののなかで、唯一ありがちなオブジェです。
では、そうでない感じのものを次々と見ていきたいと思います。
d0138170_1481538.jpg

輝く庭石です。今後の怪しい展開を予感させます。
d0138170_1494255.jpg

真っ二つのピーマン。なぜピーマン⋯
そして、金魚三連発
d0138170_14104537.jpg

d0138170_1411395.jpg

d0138170_14112489.jpg

江戸川区は昔金魚の養殖で有名だったので、その関係かもしれませんが、岩にへばり付いてるので、金魚というより、ムツゴロウっぽいです。
そして、真打ち登場。
d0138170_14134217.jpg

キノコ
d0138170_1414760.jpg

キノコ
d0138170_14143061.jpg

キノコ
d0138170_1414559.jpg

キノコ
d0138170_14151913.jpg

キノコ
d0138170_14155833.jpg

なぜキノコ?
[PR]
by shijima-i | 2009-02-10 14:17 | 大ネタ | Comments(2)
上野動物園通っぽい人になろう講座(最終回)
さて、今回は混んでる時でも、比較的ゆっくりできる場所です。
下の画像は両生は虫類館ですが、この周辺には椅子は多いわりに売店が遠いので、他の休憩所よりはすいています。しかし、通っぽい人は、更に一歩先を行くわけです。それが、画像の矢印で示した道です。
d0138170_21205432.jpg

この道は西園にある不忍池を廻る道なのですが、動物の展示が殆ど無いため、わざわざ歩く人は少ないのです。でも、今頃なんかは蓮の花が咲いていて、なかなかいい感じなのです。
d0138170_21212510.jpg

そして、休憩所もあります。下の画像では椅子が少ないですが、現在、一部工事中でベンチが撤去されているようで、暫くしたらベンチも増えるはずです。ゆっくりお弁当を食べたい家族連れなんかには、良い場所です。
d0138170_2122175.jpg

この休憩所の先が弁天橋です。
d0138170_21223928.jpg

風通しが良いので、気持ち良く歩けます。
d0138170_21231274.jpg

橋の上から、カワウなんかが観察できます。
d0138170_21234921.jpg

更に、不忍池にはペリカンとかオオワシみたいな大型のものも含めて、かなりの種類の鳥類が見られます。
d0138170_21242169.jpg

d0138170_21244175.jpg

d0138170_2125477.jpg

おまけに、カメがこんなに・・・。カメ好きにはたまりませんね。
d0138170_21253789.jpg

と言う事で、上野動物園通っぽい人になろう講座は今回でおしまいです。お楽しみいただけましたでしょうか?
また、多摩動物園通っぽい人になろう講座でお会いしましょう♪(ウソ)
[PR]
by shijima-i | 2008-07-31 21:26 | 大ネタ | Comments(4)
上野動物園通っぽい人になろう講座(第3回)
今回は、東園と西園をつなぐ辺りでの通っぽい情報です。
東園と西園を行き来するのには2つの方法があります。1つはモノレール。これは子供さんなどは喜ぶので、1回くらいは乗ってもいいかもですが、乗車時間1分で大人150円子供80円は、北総公団線並みに高いです。ま、いいですが。
で、通っぽい人は、もちろん徒歩です。
東園と西園をつなぐ橋は、「いそっぷ橋」と言う名前です。
d0138170_21255774.jpg

で、上の画像の矢印部分には、いそっぷ橋だけに、ウサギとカメの像があるわけです。
と、このくらいなら、やや通っぽい人でも知っているかも知れません。
しかし、本当の通っぽい人は、そこで終わってはいけません。さりげなく、こう付け加えましょう。
「ウサギが、ちゃんと眠ってるんだよ」
d0138170_21263520.jpg

d0138170_21265410.jpg

↓更に、西園側の矢印部分木の枝には、かなりの確率でヤマアラシが眠ってます。橋の上からしか見られませんので、お見逃しなく。
d0138170_21292178.jpg

こんな感じでいます。
d0138170_21532072.jpg


そのいそっぷ橋の下に、殆どの人が見向きもしないかわいそうなエリア「ズーポケット」があります。(下画像の矢印部分)
d0138170_21301574.jpg

律義な外国人の方は、わりと入っていきますが、日本人は100人に1人くらいしか入らないんじゃないかと思います。ズーポケットと言うより、ズーエアーポケットです。でも、以外と色んな催し物が行われてますので、通っぽい人なら行くべきでしょう。
d0138170_21305213.jpg

入口のとこで、無料で絵はがきも貰えますよん♪
d0138170_21313682.jpg

ってことで第4回に続く〜♪←まだやる気らしい。
[PR]
by shijima-i | 2008-07-30 21:34 | 大ネタ | Comments(0)