<< 上野動物園通っぽい人になろう講... そういう性格 >>
上野動物園通っぽい人になろう講座(第1回)
普通の人よりは上野動物園に頻繁に行っています。ま、頻繁って言っても年5、6回ですが。で、何度か行くうちに何となく知った「知らなくてもいいけど、まぁ知っててもいいかな」くらいの情報で、みなさんに、上野動物園にちょっと詳しい人っぽくなって貰おうという企画です。そんなものになって何の得があるのかと言われれば、人間、損得ばっかで動いてちゃダメだと、小一時間説教しちゃうので、説教されたく無い人は、そういう事は気にしない方がいいです。
では、いざ、上野動物園へ。
d0138170_191424100.jpg

いや、ちょっと待って下さい。上野動物園通っぽい人は、ここから入っちゃいけません。通は「池之端門」から入るのです。
d0138170_19145723.jpg

地図の赤丸が正門、青丸が池之端門です。正門は東園にあり、池之端門は西園にあります。
d0138170_19152519.jpg

これが池之端門です。券売機が2つしかなく、正門に比べ恐ろしく地味です。知らない人はうっかり通り過ぎるくらい地味です。しかも、JR上野駅や京成上野駅からも、かなり遠いうえ、近くに他の駅もありません。一番近い地下鉄千代田線の根津駅からでも600メートル。次に近い地下鉄千代田線湯島駅からは900メートルもあります。地味でアクセスも悪い。そう、何ひとつ正門に勝つ要素がなさそうです。しかし、だからこそ正門が目茶混みの時でも、楽々と入れるのです。
さらに、池之端門を入ってすぐに見られる動物がスゴイ!その名は「オカピ」世界3大珍獣の1つです。世界3大珍獣とは、ジャイアントパンダ、オカピ、コビトカバと言われています。現在上野動物園にジャイアントパンダはいませんから、正門から入ってもレッサーパンダがいるだけです。どころが、池之端門から入ると、いきなりオカピです。更に、オカピから、続く動物はキリン、サイ、カバと、THE動物園とも言える豪華ラインナップ。そしてカバの隣りにはなんと、もう1つの世界3大珍獣であるコビトカバがいるのです。わずか数十メートルで世界3大珍獣のうち2つが見られる、恐るべし池之端門。
d0138170_19155721.jpg

d0138170_19161432.jpg

そして、一部で大人気のハシビロコウまでも!!
これは、もう池之端門から入るしかないでしょう。
d0138170_19164142.jpg

ええと、もっとサラッと書く予定だったのですが、何だか思ったより長くなりそうなので、続きは次回。
[PR]
by shijima-i | 2008-07-28 19:19 | 大ネタ | Comments(0)
<< 上野動物園通っぽい人になろう講... そういう性格 >>