<< ウサちゃんと呼ぶには、 ひざまくら >>
九段下ビルで欲しいもの探し
解体中の建物を見つけると、つい近くに行ってしまう。
瓦礫の中に色んなものが混じっていて、中には「あれ欲しいな」と思うものを見つける事もある。
例えば、窓に付いていた古い金具とか、ドアノブとか、木製の階段に付随していた柱の頭の部分とかだ。
もちろん思うだけで、工事現場の人に頼んで貰ったりはしない。貰っても、困るからだ。
いや、欲しいには欲しいけど、一旦手に入ってしまえば、それで気がすんで、その後全然見向きもしない可能性が高い。しかもずっと持っていて価値が上がるものでもない。でも、なんとなく欲しいガラクタがあるものだ。

ただ、解体現場は、外からちょっと見るくらいで、とても全体を見る事はできない。
買い物で言えばウィンドウショッピングクラスの行為だ。
買わないんだから、それで充分と言えば充分だけど、できれば店内に入って、もっとじっくり見たいと、前からぼんやりと思っていた。
と、ネットで格好の情報を見つけた。
築84年のビルが年末には壊されてしまうと言う。しかも、今なら、そのビルに入れるというのだ。これは行かなくては。

と言う事で、やってきたのがここ九段下ビルだ。
d0138170_144511.jpg

光り輝くビルの手前の細長い茶色の建物が九段下ビル。


九段下ビルは、1927年に竣工された、当時としては大型の建物で、九段下のランドマーク的な役割もしていた有名なビルなのだが、来年早々に解体が決まっている。ここで現在8名の作家による展覧会が開かれており、自由に中に入って、写真なども撮っていいらしい。作家の方々の作品を勝手に撮って発表するのは問題があるが、ビルの構造物なら問題はあるまい。と言うか、作家の方々には申し訳ないけれども、むしろ構造物が見たいのだ。
※展覧会「さよなら九段下ビル」の詳細はリンク先でどうぞ。

これが、九段下ビルのプレート。
d0138170_1454072.jpg

いきなり、欲しい。いや、実際はでかくて置き場も無いし使い道も無いから、本当に貰ったら困るだけだけど。

入り口の脇にあったバスタブだ。欲しい。
d0138170_1461764.jpg

これも、置くとこないし、プレート以上に邪魔だけど。

もっと邪魔にならない大きさのもので言えば、断然建築金物類。
d0138170_1471159.jpg

d0138170_1472360.jpg

こういう鍵穴って、もうイメージの世界でしか存在しない感じ。
他にも、こんな建築金物類が。



d0138170_1483027.jpg

窓の開閉金具

d0138170_1484019.jpg

カーテンを縛るひもを引っ掛けるやつ

d0138170_14102054.jpg

机の引き出しの把手

この辺のものは、ドアノブ同様に魅力的。
d0138170_14113776.jpg

これは古さが中途半端だけど、開閉表示があるのがレアな感じがしたので欲しかった。
d0138170_14122494.jpg

これは、今でも売ってるから、別にどうでも良い気もするけど、欲しいか欲しくないかと言えば、6:4くらいで欲しい。

電気関係のものも見逃せない。
d0138170_141381.jpg

右3つ揃いで欲しい。
d0138170_14133721.jpg

こんがらがり具合が良い。
d0138170_14134763.jpg

上の部品が木製っぽいので欲しい。
d0138170_14144885.jpg

これは左の丸いやつが欲しい。何だか分かんないけど。
d0138170_14151815.jpg

上の丸い部分が、よく見えないけど、きっと良いはずだと思う。

電気とくれば、次は当然ガス関係だろう。
d0138170_1415513.jpg

二股具合が何とも。
d0138170_14164547.jpg

右の曲がったのが、特に欲しい。
d0138170_14171646.jpg

このガスマークは、くれるんなら本当に持って帰ってもいいかも。

上記以外で食指が動いたもの。
d0138170_1418761.jpg

トイレのドアにあったポスター。これも、くれるなら絶対貰う。買わないけど。
d0138170_1419103.jpg

これもトイレのドア。こういうガラス最近見かけないから欲しい。
d0138170_14201649.jpg

外にあった戸室商店の看板。でかいけどね。あと、下のたばこ看板も。
d0138170_1421546.jpg

一階の流し台。洗面器だけなら欲しいような。
d0138170_14224137.jpg

こういう窓は欲しい。持ち帰れないけど。
d0138170_14235036.jpg

これは、ドアの上の窓だけ欲しい。さっきのより小さい。持ち帰れないのは同じだけど。
d0138170_14252060.jpg

屋上のシンプルな装飾を一個だけ。あとコケも欲しい。
d0138170_1426284.jpg

完全に何だか不明だけど、気になるから。

こうやってバンバン写真を撮っていたら、たまたま取材に来ていたTOKYO MXテレビの人にインタビューされてしまった。
d0138170_14264919.jpg

どうやら九段下ビルが無くなってしまう事を惜しむ人の声が欲しかったようだが、そういうんじゃないので、期待に応えられず、アナウンサーの人を半笑いにさせてしまい申し訳なかった。

なお、展覧会は12月26日までなので、ちゃんと見たい人は、行ってみると良いですよ。
ただ、入れるのは展覧会場として使われている、ごく一部のスペースだけです。



デイリーポータルZへ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
お知らせ

d0138170_4164435.jpg
新しい絵本を電子出版致しました。
よろしければご購入下さい
「ジョーは馬鹿だけど」文=いたざわしじま、画=吉田哲也
150円(税込)
リンク先で最初の部分だけ試し読みができます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by shijima-i | 2011-12-14 14:28 | 大ネタ | Comments(2)
Commented by kanesyoh at 2011-12-19 03:17 x
あ、ちょっと映ってる!
作品も公開して頂いて大丈夫です。
作家も古いもの消え行くものへの思いから作品を作っているので「申し訳ない」ってことも無いですよ。

あと残念ながら?もうバスタブの引き取り手は居ます。
Commented by shijima-i at 2011-12-19 05:15
主催者の方ですね。展覧会運営お疲れさまです。
そうですか、バスタブは持ち主が決まっていたのですか。幸せな第二のバスタブ人生を送れる事を願っています。
<< ウサちゃんと呼ぶには、 ひざまくら >>