<< よし、こうしてそっと近付いて、... 動物園じゃない場所で動物を観る・補遺 >>
動物園じゃない場所で動物を観る
d0138170_1471739.jpg

以前にも、お気に入りのサイトデイリーポータルZのちょっと見てきてというコーナーをネタにして、「ちょっと立石に行ってみました。」や「東大生産技術研究所で最先端技術を」なんていう記事を書きましたが、今回も、そんな感じの記事です。
一応説明しておきますと、「ちょっと見てきて」は、本人は何らかの理由により見たくても見にいけないものを、誰かが替わりに見てきて報告してあげようという企画です。
さて、今回見てきて欲しいものは「船橋の牧場」で、実はこの依頼に関しては、既にデイリーポータルZのライターさんが「住宅街に牧場を 見てきてジャーニー・千葉編」で見に行ったのですが、見る事ができなかったものです。
そして、上記の記事を読めば分かるとおり、実際に見られなかったものの、その牧場の場所はライターさんが突き止めてくれてるわけです。
住宅街の牧場っていうのは、なかなか楽しそうだし、場所も自宅からそんなに遠くないので、これは依頼が無くても、ちょっと見たいと思いました。
そこで、珍しく事前に少し調べたところ、どうやら、見られるのは牧場の牛だけではなさそうだと分かりましたので、さらにテンションアップ。
動物園じゃない場所で動物を観るという企画に拡大してみました。

取り敢えず、最初の目的地、佐久間牧場に向かいます。
d0138170_1822363.jpg

なかなかかっこいい駅名です。実は、この駅名の由来を調べたために、今回色んな動物に会える事になったのですが、それは、また後ほど。
佐久間牧場は滝不動駅から徒歩数分の所にあり、その牧場の牛の新鮮な牛乳で作ったアイスクリーム屋さんもやっています。
d0138170_18231832.jpg

私事で恐縮ですが、最近虫歯の治療をほぼ終えまして、冷たいものとか沁みないでバンバン食べられるようになりました。これは食べないわけにはいかないと、取り敢えず王道のソフトクリームを注文。
d0138170_1824739.jpg

喜び過ぎて、画像を撮るまえに一口食べちゃった事をお詫びします。
大変おいしゅうございました。

さて、本命の牧場ですが、このアイスクリーム屋さんのすぐ裏になります。この日は牛は全部牛舎にいて、外に出ているところは見られなかったのですが、牛舎の牛は、店の外の飲食スペースから、ちゃんと見られました。
d0138170_18243763.jpg

牧場自体は、こんなふうな一見普通の住宅街っぽい道路を、ちょっと進むと、
d0138170_18251846.jpg

こんな感じで牧場が現れます。
d0138170_18254462.jpg

グーグルマップで見ると佐久間牧場はこんな感じです。
周りもけっこう広い畑で、これなら牧場があっても、近隣に迷惑とかかからないんだろうと思います。
そして、ここで思わぬ収穫が。
屋外飲食スペースのすぐそばにニワトリ発見。
d0138170_18263130.jpg

さらに……、



さらに、飲食スペースの反対側にある専用駐車場から奥を見ると、牛の前にヤギ発見。
d0138170_18273454.jpg

と、そこに更にネコ登場。
d0138170_1828396.jpg

奇跡の三者そろい踏み。
d0138170_18283235.jpg

もう、あっと言う間に牛、ニワトリ、ヤギ、ネコと4種類の動物GETです。
もうちょっと牛の近くに行きたくて、お店の人に了解を求めてみたのですがNGでした。まあ、誰でも近づけちゃうと、動物にいたずらする人が出ないとも限りませんから、仕方ないですね。

さて、牛とソフトクリームを堪能したところで、次の目的地に向かいます。
それは、最初に言った滝不動駅の名前の由来ともなっている室町時代に創建された御瀧山金蔵寺(おたきさん こんぞうじ・通称御瀧不動尊)です。
なんと、ここには鹿がいるのです。
鹿と言えば、以前にも「鹿をめぐる散歩」という記事で、江戸川区の神社にいる神鹿を紹介した事があります。
本来、神鹿は神道の言葉で、神社にいる鹿なのですが、お寺にもいたのです。
この場合、神鹿と呼んで良いかどうか分かりませんが、例えば鹿で有名な奈良では、興福寺の鹿も神仏習合の考え方により神鹿とされています。
まあ、もともと宗教に関しては、日本人は緩い感覚を持っていますので、個人的には神鹿で良いと思います。と言うか、鹿なら別に何鹿でも、私はいいです。

着きました。
d0138170_18292458.jpg

さっそく鹿のいるエリアに行こうとすると、ちょっと気になる立て看板が。
d0138170_18295422.jpg

せっかく滝不動駅の御滝山金蔵寺に来たのですから、滝ははずせないでしょう。
と言う事で、行ってみました。

狭い石段を下って行くと、飛び石の先に水行場がありました。昔はここで水に打たれて修行した人もいたそうです。
d0138170_18303731.jpg

修行は辛そうで、いやですが、いるだけでマイナスイオンいっぱいな快適な場所でした。
さて、鹿です。水行場を過ぎて階段を降りると、お寺の広い庭に出ます。ここに鹿がいるはずです。
あっさり、いました。
d0138170_18312126.jpg

近所の子供に草を貰ってます。
d0138170_18315317.jpg

金網越しだと良い画が撮れないので、反対側に廻ります。
d0138170_18322831.jpg

d0138170_18324296.jpg

動画も撮ります。

牧場で、牛が思うように撮れなかった分、鹿は思う存分撮りました。
牧場のカタキを寺で討つ。いや、別にカタキじゃないですけども。

あんまりしつこくしたせいか、鹿が見えない所に行ってしまいました。
ストーカー行為は悲劇しか生みません。
そこで、我に返って周りを見ると、鹿以外にも色んなものが。
ここには「馬水の池」という大きい池があって、中には弁天堂が建っていますが、池のほとりにハトが。
d0138170_18332357.jpg

更に池の中を見るとコイ。
d0138170_18335299.jpg

動画も撮ります。水音しか聞こえないナイス環境。

さらにカメも。
d0138170_18345397.jpg

しかも、普通池のカメと言えば、だいたいじっと動かない事が多いのですが、ここのカメは、ガンガン泳いでいました。

という事で、ここでも鹿、ハト、コイ、カメと4種類の動物GET、計8種類です。
8種類も動物が見られれば、これはもう小さい動物公園並みと言えましょう。(ちなみに板橋区立こども動物園本園にいる動物もヒツジ・ヤギ・ポニー・ウサギ・モルモット・ニホンジカ、フラミンゴ・クジャクの8種類です。)
個人的には、滝不動ZOOと呼ばせていただきます。

駅に戻る途中でも、ネコに会いました。
d0138170_18355276.jpg

あと、蝶々とダンゴムシも見逃しません。
d0138170_1836336.jpg

さらに、歩いては行けませんが、船橋には船橋競馬場もあるので、競馬開催日なら、馬も見られます。
船橋は隠れたアニマルワールドなんだと確信しました。

一応、メインテーマの動物に関しては以上ですが、それ以外にも色々気になったものがありましたので、それらは、動物園じゃない場所で動物を観る・補遺でご覧ください。
[PR]
by shijima-i | 2011-06-21 18:42 | 大ネタ | Comments(0)
<< よし、こうしてそっと近付いて、... 動物園じゃない場所で動物を観る・補遺 >>