<< 浦島太郎ごっこ Qちゃんの手は意外と大きい、或... >>
動物たちに振り向いて欲しい。
動物たちに振り向いて欲しい。
そのための秘密兵器を手に入れた!
d0138170_18375930.jpg

そして、あなたは最後に小さな奇跡を目撃します。(誇大広告)


動物園に行った時、動物がこっちを見てくれない、ちゃんと顔が見られない、そんな残念な経験はありませんでしょうか?
それは動物相手ですから、仕方ない、いや、そういうなかなか思い通りにならないのも含めて動物園の醍醐味という考え方もあるでしょうが、やはり、ほんの一瞬だけでも顔が見たい、視線をかわしたいと、私なんかは思うわけです。

これを、
d0138170_1839627.jpg

こうしたい!(画像はイメージです)
d0138170_18392096.jpg

子供は、そのへん素直で、「こっちむいて〜」とか「サル〜、サル〜!」とか叫んでいる風景も、よく見られます。が、大人が同じ事をするのは、さすがに恥ずかしい。それに呼んでもあんまり反応してくれないですし。
と、長年この「動物が振り向いてくれない」問題が懸案となっていたわけですが、このたび、ある解決策を思いつきました。
それが、最初にご覧に入れた道具、正体はこれです。
d0138170_18411544.jpg

犬笛(近所のペットショップで934円で購入)

犬笛。動物にはそれぞれ音が聞こえる範囲に差があります。高い音で言えば、人間は約2万ヘルツまでしか聞こえませんが、犬は倍の4万ヘルツくらいまで聞こえます。この可聴範囲の差を利用したのが、この犬笛です。犬笛は3万ヘルツの高音が出せる笛で、人間には聞こえないが、犬には聞こえる音で犬を訓練する道具なわけです。ちなみに、猫は10万ヘルツ、イルカは14万ヘルツまで聞こえると言われています。
これを使えば、周りに迷惑をかけず、密かに動物に振り向いてもらえるのではないか?
実は、色んな動物の可聴範囲をネットで検索してみたのですが、案外情報が少なく、どの動物に有効なのかはっきりしませんでした。でも、犬や猫から類推すれば、人間より高い音が聞こえる動物は多そうな気がします(希望的観測)。

というわけで、早速購入して吹いてみたのですが、自分の聞こえない音を出しているわけで、本当に音が出ているのか、何とも頼りないというか、心もとない。
そこで、動物園に行く前に近所の猫で実験してみました。ちなみに、これからご覧に入れるすべて動画は、犬笛を吹きはじめたタイミングが分かるようになっています。
犬笛で動物は振り返るのか?(ネコ)

聞こえてます!大成功!疑ってすまんかった犬笛。
まあ、猫は、普通に呼んでも振り向くかも知れませんが、人知れず振り向かせた満足感で、思わず笑みがこぼれます。

そしてついに、先日、パンダでにぎわう上野動物園に行ってきました。



今回試した動物は43種類(哺乳類32種、鳥類9種、両生類2種)です。動物との距離があまりに遠い場合や、ガラスで隔てられている場合は、音が届かないと思われたので除外しました。
では、前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ結果発表です。
なお、犬笛を吹きながら動画を撮っているので、画面が微妙に揺れています。ご了承下さい。
先ず、少数しか試せなかった両生類、というかカメです。イシガメとゾウガメの反応は、
犬笛で動物は振り返るのか?(亀)

見事に無反応。まあ、予想できましたが。もともと反応は遅い生き物なので、もっとしつこくやれば反応があったのかも知れませんが、実は犬笛を吹き続けるのが10秒が限界なのです。
いや、慣れてくればそんな事はないのでしょうが、買ったばかりで、聞こえない音を出している事にいまいち確信が持てないため、必要以上に強く吹いてしまい、10秒くらいで、頭がクラクラしちゃうんです。
まあ、カメはいいでしょう。そんなに振り向いてもらいたいと思った事ないですし。

続いて、鳥類です。試した鳥は、オウム、オオタカ、オグロヅル、シロフクロウ、ニワトリ、ハシビロコウ、ペンギン、ヘビクイワシ、ミミズクです。
犬笛で動物は振り返るのか?(鳥類編)

無反応…。鳥は地声も高いし、期待していたんですが。とくにニワトリなんかは、30センチくらいしか離れていないのに、この無視っぷり。
でも、まあ、鳥って、もともと何考えてるか分からない感じの生き物ですから、仕方ないかも知れません。気を取り直して次に進みましょう。

次は、色んなサルたちです。サルは人間に近いので可聴範囲も似ているのかもという危惧はあったのですが、そこは野生の実力でカバーしてくれるのではないか。期待が高まります。試したサルは、アビシニアコロブス、エリマキキツネザル、ジェフロイクモザル、ブラッザグエノンです。
犬笛で動物は振り返るのか?(色んな猿)


無反応…。事前に危惧していた事が、実際に起ってしまいました。
最初は、ものすごい道具を手に入れた気になっていたのですが、これは、とんだ思い違いだったのでは…?

ですが、本番はこれからです。哺乳類(サルを除く)です、哺乳類(サルを除く)!
もともと犬笛ってそういう生き物用(正確には犬専用ですけど)なんですから。

と、期待をあおるのが心苦しくなってきましたので、動画を見る前に発表しますが、下の動画は失敗編です。「犬笛開始」の文字が虚しく表示されるばかりです。でも、色んな動物をダイジェストで見られるので、よろしければご覧下さい。あと、「犬笛開始」の文字が表示されている間は、カメラの後ろで気が遠くなりながら犬笛を吹いている奴がいると思えば、ちょっと面白いかも知れません。
見られる動物は、アジアゾウ・オオアリクイ・カナダヤマアラシ・カンガルー・コウモリ・コビトカバ・サイ・タテガミオオカミ・タヌキ・バク・フォッサ・プレーリードッグ・マレーグマ・ミーアキャット・ミナミコアリクイです。
犬笛で動物は振り返るのか?(家畜以外の哺乳類、失敗編)

タテガミオオカミは、反応してるみたいに見えますが、何度か試してみたら、そうでもなかったので、失敗編に入れました。

こちらは家畜動物の失敗編です。動物は、アルパカ・飼いウサギ・ジャンボウサギ・ラマ・馬・ヒツジ・ヒツジ耳元・子やぎ・子やぎ至近です。家畜なので、野生のものより近くで試せたのですが…。
犬笛で動物は振り返るのか?(家畜、失敗編)

ヒツジとか、もう耳元で吹いてるんですけどねえ。

と、ここまで失敗ばかりお見せしてきましたが、いよいよ成功編に移ります。
先ずは、ドール。これは犬の仲間なので、最初から期待していました。が、動画を見ればお分かりの通り、分かりにくいです。でも、実際に何度か試した結果、聞こえていると思いました。ただ、聞こえてはいるけど、眠気の方が勝っている、そんな感じです。一応、注目ポイントを表示しておきました。
犬笛で動物は振り返るのか?(ドールの場合)

耳のピクピクがたまりませんです。

次は更にレベルアップした動画、ミゼットホースです。
これは、最初の目的である「振り向いて欲しい」に、かなり近付きました。耳に加えて視線もこちらに向いているのが分かると思います。横にいるアルパカとの差は明らかです。
犬笛で動物は振り返るのか?(ミゼットホースの場合)


もっとレベルアップした動画、ロバです。ミニホースは、ちょっと顔を上げただけでしたが、ロバは近付いてきました。
犬笛で動物は振り返るのか?(ロバの場合)

これを見て、偶然じゃないかと思う方もいらっしゃるでしょうが、上野動物園の年間パスポートを毎年買って、このロバに何回も会っている私の認識では、こいつはそんなに人なつこい性格ではないんです。むしろ人間を無視して当たり前な感じなんです。それが、寄ってくるってスゴイ!と、個人的には思うわけです。

そして、最後にお見せするのが、ニホンアナグマです。これは、向こうに行きかけているのを呼び戻すという快挙です。あんまり嬉しかったのでスローモーションも追加しちゃいました。
犬笛で動物は振り返るのか?(ニホンアナグマの場合)スローモーション付


結果として、明らかな成功は2例だけと、ほとんどうまくいかなかったんですが、本人はけっこう満足しています。1が2になったのなら2倍になっただけですが、今回の場合、0が2になったと考えれば無限大倍に匹敵する成果とも言えるでしょう(過大評価)。
とにかく、今後も動物園に行く時には、必ず犬笛を持って行こうと思います。

あと、この笛はネジをいじると、音程が替えられますので、若者にだけ聞こえる音とか出して、若者を振り向かせるのにも使えるかも知れません。いや、使いませんけども。



おまけ
せっかく上野動物園に来たのですから、ついでにパンダ動画もどうぞ。


デイリーポータルZへ
[PR]
by shijima-i | 2011-04-26 18:50 | 大ネタ | Comments(0)
<< 浦島太郎ごっこ Qちゃんの手は意外と大きい、或... >>