<< ピクンと伸びてから眠るフェネック 信号機(シグナル)モミジと塔 >>
生きている錯視
これは、100年以上前に描かれた有名な錯視図ジャストローの「アヒルとウサギ」です。
なんとなく、どこかで見た事ありますでしょう?
d0138170_21162072.jpg

で、先日、この生きてるのを発見しました。
d0138170_2119504.jpg

原作(?)にはない寝顔バージョンも。
d0138170_21205360.jpg

運が良ければ、みなさんも上野動物園のうさぎ広場で見られます。
*追記
このウサギの画像を年賀状に使いたいと言うお問い合わせをいただきました。個人での利用であれば、どなたでもご自由にお使いください。

動画バージョンはこちら

デイリーポータルZへ
[PR]
by shijima-i | 2010-11-30 21:22 | 動物たち | Comments(2)
Commented by opi at 2010-12-01 10:05 x
これはすごい。いたざわ氏尊敬。
Commented by shijima-i at 2010-12-01 16:27
いえ、偉いのは、こういう耳の形でじっとしてたウサギです。(^^:)
<< ピクンと伸びてから眠るフェネック 信号機(シグナル)モミジと塔 >>